ベトナム株

今注目されているベトナム株。ベトナム株とは何か、ベトナム株の口座開設の仕方や購入の仕方、豆知識など。
ベトナム株について

今、ベトナム株が非常に注目されてきています。ここでは、まずベトナム株とは何か、その投資信託の魅力、人気の秘密、リスク等について解説しています。その他、ベトナム株の情報の集め方、セミナー、ブログ、掲示板等、実際に投資する上で欠かすことのできない情報収集の仕方についても伝授。その後、ベトナム株の口座開設の方法、扱いを行っている証券会社、ファンドの種類など、実際の運用について紹介。あなたもベトナム株、初めてみませんか?

ベトナム株 新着情報

ベトナム株と言う言葉を聞く機会が少し前から増えてきました。ベトナム株とは、ベトナムの証券取引所に上場して取引されている株の事です。つまりベトナムで売買されている株の事です。もちろん今の世の中、実際にベトナムに行かなければベトナム株が購入できないということではありません。日本国内にいてもインターネット上などによって取引ができます。

ベトナム株が、なぜ注目されているのでしょうか。それはベトナムがまだ発展途上国だからです。現在のベトナムは労働力が非常に高くて人件費が抑えられています。更に人口が多いのです。その6割が30歳以下と、非常に若年層が多い国です。そして近年の教育水準の上昇で、識字率は限りなく100%に近い数字を残しています。これはベトナムの今後の経済成長に大きな期待ができると言う事を意味しています。つまりベトナムという国に投資するようなものです。ベトナム株とは、ベトナム自体を株と指すようなものかもしれません。

経済発展を期待して買うことになりますので、基本的には長期的な保有を前提とした購入と事になります。したがって、短期間のうちに利益を得ようという人には、それほど向いていないかもしれません。しかし将来的に資産を増やしたいと考えている人にとっては、ベトナム株は最適です。現在ベトナムの国は、とても潜在能力の高い国です。戦後日本が爆発的な経済成長を遂げたように、ベトナムも同じ可能性を十分に秘めています。ベトナム株は夢を買うと言う意味合いもあるのです。

ニュース証券株式会社(http://www.news-sec.co.jp/fstock/vietnam_qanda.html)では、ベトナム株も取り扱っています。ベトナム株をはじめようと思ったとき疑問点におもうことがいくつかあると思います。たとえばベトナム株式取引にかかる手数料以外のコストがあるのかどうかです。ニュース証券の場合は、注文時に支払うことになる取扱手数料以外のコストはないようです。口座維持手数料や口座管理料はかからないみたいえす。

またベトナム株式取引で特定口座を利用することができるのかどうかという疑問点についてですが、これは利用することができないそうです。外国株式に関しましては「一般口座」のみとなっているみたいです。そして為替はどのようなレートで転換するのかといった疑問点については「円」から「ドン」に転換する際には、転換日における当社公表TTSレートにて転換をおこないます。そして「ドン」から「円」に転換する場合には、転換日における当社公表TTBレートにて転換をおこないます。

このようなレートについてはニュース証券のウェブサイトで公表をおこなっています。買付可能日そして売付可能日とはいったい何なのか?といった疑問もあるとおもいます。こえは現地ルールでは、同一銘柄につき、売付注文と買付注文を同一日に発注することができないということなのです。ニュース証券では曜日によって買付可能日(月、水、金)、売付可能日(火、木)を区分して注文を受付しているようです。ベトナム株について疑問点がある場合にはFAQなどを参考にすると解決できるかもしれませんね。

投資情報サイトのインベストウォーカー(http://www.investwalker.jp/kaigai/vietnam-chart.shtm)は、ベトナム株のリアルタイムチャートなども参考にすることができます。投資情報サイトのインベストウォーカーでは、ベトナム株のリアルタイム指数や個別銘柄のチャートなどを見ることができるサイトへ誘導してくれます。ベトナム株のリアルタイムチャートは、マナーベトナムドッコトム(http://www.moneyvietnam.com/)でも確認することができます。

その他にもBSC証券(http://www.viet-kabu.com/のチャート情報をみればベトナム株の情報や株価チャートを参考にすることができます。HASTC銘柄チャート(ベトナム語)はハノイ証券取引所サイト(http://www.hastc.org.vn/)で株価情報やチャートをみることが可能です。またサイゴン証券の株価チャートはSSIホームページ リアルタイム株価チャート(英語)(http://www.ssi.com.vn/)で確認することができます。ベトナム株にかぎらず株や債権、FX取引などをおこなっているかたはリアルタイムでのチャート情報は必須アイテムだといえます。

マネーベトナムドットコムはベトナム証券市場の情報プロバイダーです。法人会員向けのサービスや一般会向けのサービスをおこなっています。株価のボードや市況、個別銘柄、IPO、ピックアップ、イベントカレンダー、ニュース、コラム、企業訪問ビデオ、ベトナム語基礎レッスン、基礎知識などさまざまなコンテンツが満載されていますのでベトナム株にたいして興味を持っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ニュース証券株式会社(http://www.news-sec.co.jp/fstock/vietnam_qanda.html)では、ベトナム株も取り扱っています。どのような方でも口座開設ができるのかというと、ユーザーがニュース証券取扱商品の適格な投資家であるかどうかを確認してからの口座開設となるようです。諸事情によって申込みをすることができても取引をすることができない場合があるようです。あらかじめきちんと了承しておきましょう。

また、20歳未満の方や、非居住者、仮名・借名の申込み、暴力団等反社会勢力者、居住している住所以外での申し込み、そして本人確認書類を提出していない場合には口座開設を受けつけすることはできないようです。たとえば日本に住んでいる外国籍のかたの場合はどうかというと、本人確認書類などの提出によって、口座の開設をすることができます。詳細についてはニュース証券のスタッフに確認してみましょう。

すでにニュース証券に口座を持っているかたで外国株式の取引をするにはどうすればよいのかという場合には、外国株式取引を利用する場合には、契約締結前交付書面や約款集をよく読んで理解することが大切になってきます。外国株式投資にあたってのリスクやニュース証券の取引ルール等を理解してもらうために電話などで説明をさせてもらうこともあるようです。

ベトナム株の銘柄(http://www.news-sec.co.jp/fstock/vietnam_list.html)を参考にしたければ、ウェブサイトなどから参考にしてみてもよいでしょう。ベトナムは中国についだ新興国として注目されている国です。さまざまな銘柄がありますのでじっくりと選んでみるとよいでしょう。ちなみに入出金為替レートですが、2009年4月2日はTTS(円からドン)は5,83です。TTBの(ドンから円)の場合は、5,27で1000VNDあたりの数値です。

株価指数についてですが、2009年4月2日はVN指数が297,30ポイントで前日比が+7,78です。比率は+2,69%となります。現地取引時間は午前8時半から11時までです。ニュース証券の発注時間は日本時間の午前9時から10時までとなっています。買い付け日は月曜日と水曜日と金曜日で売却日は火曜日と木曜日になっています。

ニュース証券の銘柄一覧をみてみるとアルファベット順で掲載されています。コード別なのでABTの倍はベンチェー水産株式会社、ACLの場合はクーロンフュッシュ株式会社、AGFの倍はアンザン省水産輸出入株式会社、ALPの場合はアルファナム株式会社、ALTの場合はダンビン文化株式会社、ANVの場合はナムベト水産株式会社、ASPの場合はアンファS.G石油株式会社となります。